雪が激しいので、比較的穏やかな場所である美人林に行く事にした。それでも、雪の量はかなりのものだった。
a0025569_22374521.jpg
a0025569_22387100.jpg
a0025569_22382731.jpg
a0025569_22384912.jpg


ちょっと違う場所みたい。
a0025569_22391025.jpg


雪の重みで……。
a0025569_22393394.jpg
a0025569_22411371.jpg

明けて1月16日、朝から大量の雪が空から落ちてくる。それはそれは、冗談じゃなく、綿が落ちてくる感覚。
一晩に一メートルも雪が積もる、ということを肌で実感できる。
a0025569_22225339.jpg

中立山は、集落が7軒ほどしかない。人数が少ないので、最近は「さいの神」(どんと焼き)をやっていないそうだ。
今回、キット先生を含む我々が訪れるということもあって、地元の有志(小暮さん)が粋な「さいの神」を演出してくれた。こんな素晴らしい人が松之山にいることが、何より嬉しい。

小暮さんち
a0025569_20334218.jpg


国道沿いの雪の壁
a0025569_20343713.jpg


夕暮れ時
a0025569_20353868.jpg


いよいよ点火!
a0025569_20362784.jpg


夕暮れ時の田んぼに映える
a0025569_20372016.jpg

赤倉地区でどんと焼きが始まった。お神酒を携えて集合だ。
a0025569_20403732.jpg
a0025569_2041981.jpg
a0025569_20412899.jpg
a0025569_20414722.jpg
a0025569_2042564.jpg

おそらく、雪のない季節だったらこの場所は目にも止まらない景色なんだろう。雪があるから目に止まった。感謝。
a0025569_2239459.jpg

離村農家の家。立派な家だけど、冬の間屋根の雪下ろしをしないと徐々に家の形が歪む。屋根が少しずつ崩れる。
見ているこちらがせつなくなる。
a0025569_22362621.jpg

ごく普通の崖の雪。だけど、何だかアート風。
a0025569_22335997.jpg

屋根の雪と地面の雪がくっついた。
a0025569_2156515.jpg

毎度、つるたさんの家。今回はこちらにお世話になった。
a0025569_21522528.jpg


こんな感じで周りから適度に離れている。
a0025569_21524260.jpg

どんと焼きとスミ塗り体験をしたくて松之山に行って来た。
赤倉集落の離村家屋。
a0025569_21504620.jpg