<   2004年 09月 ( 90 )   > この月の画像一覧

こんな写真でしか伝えられませんが、小父さん、ガンバって下さい。
a0025569_2214289.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-30 22:12 | 2004年秋
そんな気分。
a0025569_22115873.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-30 22:10 | 2004年秋
稲を刈る、刈った稲を畦まで運ぶ、運んだ稲を10束に束ねる、束ねた稲をハサ木まで運ぶ、運んだ稲をハサに掛ける、すべて一人でやるそうだ。
安易な言葉なんか掛けられない。
a0025569_22101696.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-30 22:08 | 2004年秋
とても天気のいい日だったけど、働いている人は小父さんただ一人。
a0025569_2273184.jpg


2004年11月20日追記
この写真は、2004年12月号の「デジタルカメラマガジン」で佳作をいただきました。

by yuji_aizawa | 2004-09-30 22:05 | 2004年秋
引き続き、小父さんの田んぼ。
刈った稲はこうして10束にまとめられ、それをハサ木まで持って行く。昔はこの10束を担がされたんだよなあ。
a0025569_2232046.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-30 22:01 | 2004年秋
だけど小父さんは、意外にさばさばとした口調で、「ウチもオレの代で農家は終わるスケ、この辺はそうしたら全部廃棄田にならぁソね。そらもう、時代の流れだスケ、しょうがねんがね」と言った。
あと何年かしたら、この風景も見られなくなってしまう。
a0025569_2101443.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-29 20:58 | 2004年秋
小父さんが、黙々と朝早くから稲刈りをしていた。
「昔はこの辺りで10軒近くの農家の田んぼがあって、田植えも稲刈りも一斉に行ない、農作業が終わった後に、一本道をみんなで家に帰るのが楽しかったのだが、ついにウチ一軒になってしまった」、と寂しそうに語ってくれた。
晴れ渡った天気とは裏腹に、とても切ない気持ちになった。
a0025569_20561223.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-29 20:54 | 2004年秋
実家の脇にある小径を下って行くと、隣の家が作っている稲とその田んぼに行き着く。
田んぼの近くには見事なハサがかけられ、刈られた稲が干されていた。これをすべて小父さん一人でアッという間にやってしまう(たとえ、慣れているとはいえ)のだから、恐れ入る。
a0025569_20504869.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-29 20:49 | 2004年秋
9月11日午前、朝ご飯を食べて実家の周りを散策。庭のすぐそばを国道が走っているのだが、アゲハチョウはそんなことも気にせず、優雅に花の蜜を吸っていた。
a0025569_20461462.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-29 20:43 | 2004年秋
美人林の東屋(休憩所兼喫煙所)にあった案内ポスター。
興味のある方はぜひお出かけ下さい。
a0025569_20512481.jpg

by yuji_aizawa | 2004-09-28 20:49 | 番外編